にほんブログ村

ブエナビスタ・

記憶の彼方へ・ 変わらない何かと移ろいゆく時間の中で・・

2006年06月30日 SUBJECT: シンガポール
これも古い写真から。
たぶんシンガポール、だと思う・・
ほとんど記憶がないうえに、写真の整理が悪い・・
この頃ってカメラってまったく興味がなかったからなぁ・・


写るんですで撮ったかな?(笑
12:17 写真 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2006年06月29日 SUBJECT: これもカブ?
昨日海外のことを書いたので、今日もなんとなく・・

マレーシアのクゥワンタンという街でみかけたバイク。
カブに似ているけれど、よくみると全然違う・・
フロントフォークもリアのスイングアームも、フレームも・・・なんじゃ、こりゃ、まるでカブの姿をしたスポーツバイクじゃないか・・
マレーシアでは大排気量の大型バイクはあまりみかけた記憶がないが、こういう小さなスポーツ(?)バイクは、かなりの数が走っていたような・・


12:39 バイク / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2006年06月28日 SUBJECT: カタール
最近バイクでツーリングばかりなので、あまり写真を撮ってなくてネタ切れ気味。
久しぶりに昔のアルバムを開き、おもしろそうなネタがないか探してみた。
そしたら、ちょっとめずらしい写真を発見。
もう10年ほど前の写真だろうか。
カタール国、ドーハの写真。
当然、こんな国、観光なんかで行くわけがなく、行きたくないと思いながら仕事で命令され仕方なく行った記憶が・・

現地は日中、40℃をこえる暑さだし、街を外れれば砂漠しかないし、レストランでは酒が飲めない(というか、アルコール類は一切置いていない)
こんなところ二度と来たくないと思ったものだが、今となっては懐かしい想い出かな・・・



22:05 写真 / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP
2006年06月25日 SUBJECT: 鯖街道
夢をみていたと思う。夢の中で、わたしの肩を誰かがトントンとたたく。誰だ・・また誰かがトントン。ふと目覚める・誰かがわたしの枕元にきている・・夢ではない。うっすらと目を開ける。・・・れい・・
「どうした・・」
「お父さん、バイク・・」
「・・もう起きたのか・・」
「うん・・」
時計をみるとまだ、AM4:45。おいおい・・・

娘の気持ちを察してやり、すぐに起きる。歯磨きをして顔を洗うと少しはシャキっとした。さっそく準備して出発だ。先週娘のヘルメットも新調したので、きっといてもたってもいられない気分だったのかな・・

出発前。新調したヘルメットをかぶり、ご満悦の娘。




今日は娘は二度目のツーリングなので、先週よりは少し遠出だ。昨日鯖街道のことを書いたらなんだか鯖街道を走りたくなり、鯖街道を北上し小浜まででることにする。

東本願寺前にて
20060624230911.jpg



家を出発し、京都駅まででて、烏丸通りを北上しまっすぐ鯖街道にでる。早朝にもかかわらず行き交う車が多い・・やがて大原を過ぎると行き交う車も少なくなる。先週走ったときは結構寒かったので、今回は3シーズン用の少々厚めのジャケットを着込んで走る。それでも感じる体感温度は低い・・

本日の朝食。コンビニにて。あまりの寒さに娘は朝からどんべえ。。
20060624230925.jpg


鯖街道はほとんどが高速コーナーといってよく、気持ちよく高速巡航ができる。景色も初夏らしく、濃い緑に包み込まれる感じた。走っていても気持ちがいい。今日は娘は後ろからあまり話しかけてこないが、感じることはきっと同じかもしれないな・・なんとなく同じ空気を共有した気分になりうれしくなる・・・

濃い緑と娘とCBと。。
20060624230938.jpg


走り初めて約2時間半。あっという間に小浜に到着。途中、道の駅でしばしの休憩。娘はバイクに後ろ向きに乗っておどけてみせる・・


20060624230950.jpg



20060624231008.jpg



今日は昼から仕事が入っているので、あまり他に立ち寄ることなく、まっすぐに家路につく。帰りは周山街道だ。小浜から162号線をちょっと入ったあたりは、Rの大きな中速コーナーの連続で、コーナリングがたっぷりと楽しめる。スポーツバイクの醍醐味はやはり、コーナリングだ・・・バイクを右へ左へと倒し込み、重力と対決する。アウトへふくらもうとするバイクをより倒し込んでバランスをとる。楽しい・・・
連続するコーナーでわたしはリズムをとって、バイクと格闘だ。
ブレーキング,シフトダウン,クリッピングポイントをきめてバイクを倒し込み、アクセルはハーフスロットル。コーナーを抜けて直線でアクセル開。クゥウォーン・クゥオン・クゥオン・・獣の雄叫びだ・・
風を切る音とバイクの吸気音とエキゾーストノート・・世界が変貌する・・

やがて美山に入る頃に娘に異変。突然頭が右に左にコクン。こっちは、ギャーー。こいつ、寝てるぞ!このまま転げ落ちたらたまらない。わたしは少々力をこめて、娘の太股をたたく。でかい声で、おきてるかーと叫ぶ。娘は一言。
「眠い・・」
こっちは、おいおい・・・

京北に入ったあたりで思い出した。そうだ、ケーキを買って帰ろう。
だみかんさんに教えてもらったケーキ屋さん、亀屋廣清が京北にあったはずだ。娘の眠気覚ましにもちょうどいい。
亀屋廣清はすぐにみつかった。娘と一緒にケーキ屋さんに入る。家へのおみやげも考えて、あるケーキ、すべて買ってしまった・・
おみやげを買って、また上機嫌な娘にもどる。ここから家までは一直線に帰る。


亀屋廣清のケーキ。いちごがつぶれてしまった・・
20060624231025.jpg


家に帰ってさっそくケーキにありつく。
かみさんは一口食って、これおいしい!
娘も、おいしい!
息子は、一言もしゃべらず、ひたすらに喰う・・・
家族円満だ。。ワハハ。。
だみかんさん。ありがとさんです。。。

食べ終えた娘が一言。
「お父さん、明日も行こう!」
わたしは、ふぎゃー・・・・・


にほんブログ村






23:52 バイク / TRACKBACK(0) / COMMENT(6) / PAGETOP
2006年06月23日 SUBJECT: 焼鯖寿司
京都から福井県の小浜へ抜ける道で、鯖街道と呼ばれている道がある。
その昔、若狭でとれた魚介類をこの道を通って京都に運んでいて、この魚介類の中でも特に鯖の数が多かったため、そのように呼ばれるようになったらしい。
たしかに京都では、鯖の棒寿司などはどこででも売っていて、一般的に食されているようだ。わたしも京都に来てからはよく食べた。今でも好きな一品だ。

何年か前にこの鯖寿司に、焼鯖寿司というのがあり、福井の方ではこれが一般的に食べられていると聞いた。これがすごくおいしいと聞いていたので、食べたい食べたいと思っていたところ、やっと京都でも最近販売されるようになった。といっても、作っているのは京都ではなく、福井で作られたものが京都にも流通するようになったようだ。(京都で作っているかどうかは??)
で、さっそく買って試食。噂どおり、結構いけました。鯖を焼くことにより、甘みが増して、酢の味がやわらぐ感じ、とでも言えばいいのでしょうか・・・
しばらくははまりそう。。。




12:37 京都うまいもん / TRACKBACK(0) / COMMENT(6) / PAGETOP
2006年06月21日 SUBJECT: ミニ・ツーリング 京都京北その4
カモノセキャビンを出発し、少し引き返しR477を大原方面へ走る。
R477は、周山街道と違って交通量がほとんどなく、気温も上がってきて快適だ。
澄んだ空気。ときおり濃い、夏特有の緑の香りを感じる。
春と夏の狭間なのだな、とバイクに乗っているときは車などでは感じない様々なことを思う・・・

走っている途中で娘が後で何やら叫んでる。よく聞くと、どうももっとスピードを出せ、と言っているらしい。
わたしは、おいおい、初めてのバイクでもうこれか、と内心思いながら、アクセルを開ける・・
それにしても気持ちのいい朝だ。今日は昼からは天気がくずれる予報で少し心配したが、このぶんだと昼まではもちそうだ。
わたしは娘に言われたからではなく、自然と運転がトップモードに入っていくのを感じた・・
京北からしばらくは、コーナーのRも大きく、ハイスピードツーリングが満喫できる・・

しばらく高速走行を楽しむと、やがて道幅も狭くなり、Rのきつい山間部の道になる。わたしはアクセルをゆるめ娘の様子がちょっと気になり路肩にバイクを止めて小休止。
「ちょっととばしたけど、コワクなかったか」
「うん、楽しい。***kまでは全然大丈夫。カーブも最初は怖かったけど、今はめっちゃおもしろい。お父さん、もっともっとスピードだしていいよ!」
わたしはこれを聞いて、開いた口が塞がらなくなってしまった・・・
ひょっとしてこれからツーリングするときは必ず娘はわたしも連れて行けといいそう・・・・・・複雑な気分だななんか・・・と思いながら、再び走り出す。


鞍馬の手前くらいの山中にて
20060617114407.jpg


ここから自宅まではもうすぐだ。山間部のタイトコーナーをゆっくりと走っているとまたしても娘が後でがなりたてる。どうももっとスピードをだせと言っているらしいのだが、さすがにこういう道では不可能だ。まったく、どこででもスピードをだせると思っているらしい・・・
やがて鞍馬に入りそのまま自宅まで一直線に帰る。
AM10:30。娘の初ツーリングは終わったが、なんだかこれからのほうが大変な予感・・・

自宅に帰って感想を聞くと、案の定、おもしろかったから、また連れていけという。今度の休みにまた乗せて!・・こっちは、あちゃー・・である。うれしい気持ちは当然あるけど、毎回だとたまったもんでもないのだな・・・おまけに、自分専用のヘルメットも欲しいと・・・
仕方がないので翌日、高槻にあるバイクショップまで娘専用のヘルメットを買いに走る。
なんか、完全にはまってしまった感じだな、こりゃ先がコワイ・・・
娘はさっそく、次は高速!などと言っている。。。
うひー。。。。

にほんブログ村
13:08 バイク / TRACKBACK(0) / COMMENT(6) / PAGETOP
2006年06月20日 SUBJECT: ミニ・ツーリング 京都京北その3
店に入って朝食をたのむ。
娘はまだ、コーヒーが飲めないので、ココアだ。
朝食がでてくるまでの間、娘がネコをみつけて、一緒に遊ぶ。
我が家はペット禁止のマンションなので、こういう動物との触れあいは楽しそうだ・・
それにしても、ここのネコはでかい・・いったい何を食っているのだ、と思ってしまう(笑)

20060617114459.jpg



20060617114556.jpg



やがて、ここの奥さん(と思われる女性)が朝食を運んできた。
ここのモーニングは結構お気に入り・・
20060617114514.jpg



朝食を終えて娘がまたネコと遊んでいると、ぼちぼちと客が入ってくる。
皆ライダーばかりだ。
店の入口でなぜか見知らぬ人なのに挨拶。
「おはようございます。」
結構なおじさんライダー(わたしもそうだが(笑))が、にっこり笑って店内に入っていく。
たぶん、バイクに乗っているというそれだけで、こういう挨拶ができてしまう・・
バイク乗りはすばらしい・・
ホンワカした気持ちで出発だ。
ここで娘に一言いってやる。
「ここからは、お兄ちゃんも知らない道を行くよ・・」
これが娘の自尊心を満足させたかどうかはわからないが、娘はうれしそうな顔でわたしの背にしがみついた・・・


カモノセキャビンで会った、バイク達。
20060617114619.jpg




20060617114634.jpg
つづく
18:35 バイク / TRACKBACK(0) / COMMENT(4) / PAGETOP
2006年06月20日 SUBJECT: ミニツーリング 京都京北その2
家を出発して最初の休憩は、高雄のパーキングにした。ここまで約20km。走り初めて感じたのは、寒さ、だった。6月の中旬ということで、わたしはメッシュのジャケット、娘は長袖のTシャツといういでたち。高雄の道ばたについている温度計は、12℃・・これは寒いはずだ・・
信号待ちで娘に寒くないか聞くと、
「ちょっと寒いけど大丈夫、それよりもっとゆっくり走って、コワイ・・」
わたしはわかったと言ってゆるゆるとCBを走らせる。早朝にもかかわらず、車やバイクの通行が多い。やがて高雄のパーキングにつき、一休みする。
「大丈夫か」
「うん、大丈夫」
「ここから一時間くらい走ったら、お兄ちゃんもよく行っていた、バイクがいっぱい集まる喫茶店があるから、今度はそこまで止まらずに走るけど・・」
「うん、だいぶ慣れたし、もっとスピードだしても大丈夫だよ・」
「わかった・・」
娘を乗せてふたたび走り出す。今度は結構とばす。京北までは、タイトなヘアピンコーナーもいくつかあるが、ほとんど中速で走れるコーナーばかりなので、私は右へ左へバイクを倒しこみ、コーナリングを楽しむ。ときおり娘が気になり信号待ちで大丈夫かたずねるのだが、へーきのヘイザエモンみたいなので、わたしは運転に集中する。
土曜日の早朝ということで、車の量は少ないと思っていたのだが、とんでもなかった。ときどき前をふさぐ遅い車やソロでかっとんで行く峠族のようなライダーとでっくわす。物好きはいっぱいいるなと思ったが、わたしもその物好きな一人だと気づいて一人ほくそえむ・・

やがて、目的地のカモノセキャビンに到着。
まだ7時前だからか、店はオープンしていない。バイクを路肩に止めて店の中をうかがっていると、薪ストーブに火を入れていた店のマスターがこっちをみて手招きする。どうやら、入ってこいといってるらしい。
わたしは娘を降ろして、早くからすみませんと断りをいれ、店に入った。


6月も中旬だというのに、店の中には、ストーブが・・
20060617114442.jpg



20060617114527.jpg



20060617114540.jpg
つづく・
12:52 バイク / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2006年06月19日 SUBJECT: ミニ・ツーリング 京都京北その1
AM5:20。目覚まし時計に起こされる。
昨夜は夜更かししたにもかかわらず、目覚めはいい。
今日は娘との約束、ミニ・ツーリングだ。
娘との初めてのツーリング。初めてのバイク体験。どんな感覚をもつだろう・・

昨夜準備はほとんどしていたので、出発までにそれほど時間はかからなかった。娘も興奮していたのか、頭はスッキリのようだ・・
バイクを駐輪場から出し、かるくアクセルをあおり、キャブにガソリンを送ってやってからセルをまわす。ブゥウォーン・・・セル一発。こいつも朝から機嫌がいいようだ。
娘のヘルメットのあごひもを締めてやり、バイクにまたがり、いざ出発。
AM5:40。西大路通りを北上し、五条通りを西へ。少し走れば、R162だ。R162は周山街道と呼ばれ、この道をを北上していくと、福井県の小浜に至る。
今日の予定は、京北のバイク好きが集まる喫茶店、カモノセキャビンまで走り、そこから少し引き返して、R477へ入り、大原方面へ抜けて自宅まで帰る、ショート・ツーリングの予定だ。
まあ、初めてのバイク体験だから、こんなものかな、と思ったのだが、娘はこっちがびっくりするくらいの順応性をみせ、帰る頃には・・・・
どひゃー・・・・でした・・・



周山街道 高雄のパーキングにて
20060617114425.jpg
つづく・
18:06 バイク / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP
2006年06月16日 SUBJECT: 京都嵐山
これは昨年、嵐山に行ったときに撮ったもの。
最近こういう色使いが好みになってきた・・・

PCが身近になり、写真もいろんな楽しみかたができるようになった。
モノクロにしてみたりレタッチで好きなように加工ができる。
ちょっと前なら考えられなかったことだ。
もともと色をいじくりまわすのは好きなので、どんどん趣味の幅が広がり深みにはまる感じ・・

今は遊びも多様化したなぁ・・・・

昨夜オークションで、ペンタックスの魚眼レンズを発見。魚眼はいつか欲しいと思いながら、高価でずっと手が出なかったので、格安で手に入ったらいいなと思い、入札。
0:30まで見届けて、眠気に負けて眠ってしまい、朝起きてチェックしたら、高値更新,終了。・・・ガーン・・・・魚眼はまだまだ先になりそうです。
物欲はおさまらない(笑)


12:31 夜景 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2006年06月15日 SUBJECT: 五色台
これも昔の写真から。
この頃が一番よく走っていた頃かな・・
走っているときは、冷えていながら熱い感覚・・・


香川県五色台にて
昔はここは、峠族がたくさん出没するとこだったんだけど、今はどうなのだろう・・・


12:32 バイク / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2006年06月14日 SUBJECT: 娘と・
昨夜娘と話しをしていたときのこと。
娘が突然に切り出してきた。
「お兄ちゃんが初めてバイクに乗ったのはいつ頃?」
わたしは、何だ、こいつ、乗りたいんじゃないか、と内心思い、ちょっとうれしくなり言った。
「お兄ちゃんが初めてバイクに乗ったのは、小学3年のときかな。れいも乗りたい?」
「・・・ちょっと・・」

というわけで、今週末に初めて娘を乗せてミニ・ツーリングをする予定になりました。。
さて、どこ行こう・・・
こんなふうに言ってくれるのは今のうちだけかな・・・・




12:26 バイク / TRACKBACK(0) / COMMENT(4) / PAGETOP
2006年06月13日 SUBJECT: Boldor2
昔の写真から。
この写真はたぶん購入してからそれほど年月は経ってないと思われます。
雑誌をみて一目惚れ、次の日に注文。このとき、大型の免許もなし、金もなし・・・・若かったな・・・

高知県横波黒潮スカイラインにて


12:52 バイク / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2006年06月12日 SUBJECT: 阿吽像
奈良法隆寺の阿吽像。
これも以前に撮ったもの。
コントラストを強くしてイラストっぽくしてみました。。


21:27 モノクローム / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2006年06月12日 SUBJECT: 京都駅
以前に撮った京都駅をモノクロに。
カラーとはまったく違った雰囲気に・
モノクロってなんか好きだ・・


21:07 街の風景 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2006年06月11日 SUBJECT: 蒼の月・
空を見上げるときれいなお月さま。
月齢14.9。ほとんど満月だ・・
というわけで、またまた懲りずに月を撮る。
今日はわたしの好きな蒼い満月にしてみました。


PENTAX *ist DS + SIGMA 70-300mm + TAMRON 1.4x
23:55 夜景 / TRACKBACK(0) / COMMENT(6) / PAGETOP
2006年06月11日 SUBJECT: パノラマ
最近入手した、PENTAXの古い銀塩カメラ、Z-50Pで試し撮り。
このカメラがでた頃って、パノラマが流行ってたらしく、カメラにパノラマに切り替えるSWがついている。おもしろそうだったので、パノラマモードにして撮ってみた。レンズは、パノラマだと、広角レンズがあうかなと思い、SIGMAの18-35mmを装着。

梅小路公園にて

PENTAX Z-50P + SIGMA 18-35mm
16:31 モノクローム / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2006年06月10日 SUBJECT: 京都 梅小路公園
春を感じたくて、近所の公園へ。
色とりどりの花。
春を遊ぶ子供たち。
花のなかでたそがれる大人たち・・


PENTAX *ist DS + SIGMA 70-300mm


20060610223801.jpg
PENTAX *ist DS + SIGMA 70-300mm



20060610223830.jpg
PENTAX *ist DS + SIGMA 70-300mm



20060610223849.jpg
PENTAX *ist DS + SIGMA 70-300mm
22:48 春・ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2006年06月09日 SUBJECT: おつきさま
今日は月齢12.9。もうすこしで満月・・
大好きなおつきさま・・
今日は少し色を変えてお遊び。。

PENTAX *ist DS + SIGMA 70-300mm + TAMRON1.4x + 2x
23:15 夜景 / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2006年06月08日 SUBJECT: 湧き水・
山麓をドライブしててみつけた、山肌から湧き出していた湧き水。
かなり前に撮ったものだけど・・
モノクロにして遊んでみました。



22:22 春・ / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
2006年06月06日 SUBJECT: たまには日本酒も・
少しずつ気温も上がり、季節はもう、初夏といってもいいのかな・・
暑い日にはまずビール。わたしも仕事から帰るとまず飲むのがビールです。
しかし、たまには日本人を思いだし、ときどき日本酒もいただきます。

京都では伏見にたくさんの日本酒をつくっているお蔵があるんですが、ちょっと前にこの日本酒の記念館みたいなとこに行ってきました。

月桂冠のお蔵。
20060529212237.jpg
PENTAX *ist DS + smc PENTAX 18-55mm


20060529212210.jpg
PENTAX *ist DS + smc PENTAX 18-55mm


昔の日本酒のポスター。さすがにレトロな感じです。
20060529212253.jpg
PENTAX *ist DS + smc PENTAX 18-55mm
12:50 街の風景 / TRACKBACK(0) / COMMENT(8) / PAGETOP
2006年06月03日 SUBJECT: 身に沁みます・
先週、琵琶湖北部をツーリングしていたときのこと。
信号待ちで減速したところ、エンジンが突然ストップ。
CBを押して脇道へ。
イグニッションをONしているにもかかわらず、ニュートラのランプが点灯していない。イヤな予感・・
バッテリーの端子部のゆるみくらいならいいなと思いながら、その場でシートをばらしてチェックするが問題ない。念のためにヒューズ類もチェックしたが、これも問題なし。これは電装系の部品がなんか壊れたかな、と思い途方に暮れていたら、すぐとなりに住んでいるおじさんが、近寄ってきて、
「どないしたん。バイク壊れたんか」
ときいてくる。
「ええ、突然エンジンが止まってしまって・・近くにバイク屋ないですかね・・」
「どこからきはったん?」
「京都から・・」
「そら遠い、大変やな・・そういや、ここから50mくらい先にバイクじゃないけど、車の修理屋があるからそこいかはったら」
わたしは礼を言い、くそ重いCBを押して修理屋までなんとかたどりついた。いくら近いとはいえ、250kg近くあるCBを押して歩くのは大変だ・・
車の修理工場では3人くらいの人が忙しそうに車の整備をしていた。
わたしは恐縮しながら、そのうちの一人に声をかけた。
「すみません。車じゃないんですけど・・バイクが動かなくなって・・ちょっとみてもらえませんか・・」
「うちはバイクはちょっとわからんで・・」
といいながらも、こっちの状況を説明して、たぶんバッテリーを充電したら応急的には動くようになることを説明すると、
「わかった。とりあえずバッテリーを充電してあげよ」
と快く引き受けてくれた。バッテリーを充電している間、新品のバッテリーがどこかにないか、いろんなお店にTELなどしてくれ、その親切心にちょっと心が沁みました・・
世知辛い世の中とよく言われるけれど、まだまだ困った人を助けようとする人達はいっぱいいるんだな、とこれまた暖かな気持ちに・・

バッテリーを充電してる間、ここの従業員が近づいてきて、わたしのバイクをしげしげと見つめている。
「これ、ボルドールやな。限定販売の。」
「ええ、よくご存知ですね。」
「俺も昔はバイクに乗ってたさかい・・」
こんな会話をかわしながらバッテリーが充電されるのを待つ。
待ってる間もバイク談義に花が咲いて、あっという間に充電完了。
さっそくバッテリーを取付エンジンスタート。セル一発。
内心、やった。と思いながら、わたしは礼を言い出発。
背後から冗談めかした声が聞こえてきた。
「京都まで持つかどうかわからんで!」
わたしは満面の笑みでそれに答え、アクセルを煽った・・・

で、なんとか無事京都まで到着。そのまま行きつけのバイク屋に飛び込み状況説明。
どうも、ジェネレーター関連の部品がいかれてるらしい。
そのままバイクはドック入り。
ちょっと悲しかったけど、思えば、このバイクも年寄りならわたしも十分なおっさんだし、そろそろどちらもガタがきてもいい年ではあるのだな、としみじみとした気分になる・・
しかし、どんなにガタがきても、労りながらなんとかこの先わたしが老いさらばえて動けなくなるまではこいつとは添い遂げたいな・・
そんな気持ちになった今回のツーリングでありんした。。



車の修理工場にて。


12:43 バイク / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP
2006年06月01日 SUBJECT: 余呉湖
琵琶湖の北にある小さな湖、余呉湖。
ここは、天女の羽衣伝説があるとか・・
わたしが訪れたときは、ほとんど人通りもない、静かな場所だった・・


PENTAX *ist DS + smc PENTAX 18-55mm
12:18 バイク / TRACKBACK(0) / COMMENT(0) / PAGETOP
HOME


Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved.
Photo by Butterflyxxx  Template by lovehelm