にほんブログ村

ブエナビスタ・

記憶の彼方へ・ 変わらない何かと移ろいゆく時間の中で・・

2016年05月15日 SUBJECT: 生頼範義展 #001

明石市立文化博物館 PENTAX K-3Ⅱ + HD PENTAX DA16-85mm F3.5-5.6 WR

中学のときに読んだ、平井和正の「狼の紋章」。この表紙絵を生頼さんが描いていて、初めて見たその絵に何かわからないような感動があり、あれから30年以上ずっとファンだった。
若い頃、自分の中からでてくる得体の知れないエネルギーを絵にしてはき出していた頃、生頼さんはあこがれの人だった・・
生頼さんが亡くなってから、宮崎で開かれた個展はさすがに遠くて行けなかったけど、明石なら散歩気分で行けるので今回、初めて生で原画を鑑賞してきました。
相変わらずの圧倒的な迫力と情念を感じさせるその絵は魂を奪われそうです。
感無量でありました・
11:34 その他 / TRACKBACK(0) / COMMENT(2) / PAGETOP
生頼範義展 #002 / HOME / 兵庫 #002
コメント
憧れの作品に出会えましたか?中学生の頃は、色々なことに目覚める時期でしょう。その時に強烈な印象を覚えたようですね。
今拝見しても迫力満点の作品です。魂を奪われても不思議はなさそうです。
2016.05.16 06:38 / URL / AzTak / #ba33.0Zs / [編集・削除] / PAGETOP
この時期に印象に残ったものって、本も絵も音楽もその他もろもろ、忘れられないものですね。
それがいま、今回は絵でしたけど、原画に出会えるというのはやはり感慨深いものがあります・・
長生きしてよかった(笑。。
2016.05.16 20:41 / URL / いけ// / #- / [編集・削除] / PAGETOP
コメントの投稿





 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
TRACKBACK URL
http://agusta.blog46.fc2.com/tb.php/3385-7be21b30
HOME


Copyright © 2004 Powered by FC2 All Rights Reserved.
Photo by Butterflyxxx  Template by lovehelm